インフォメーション

2018/01/05

明けましておめでとうございます

本日、1月5日(金)より、通常診療しております。

本年もよろしくお願い致します。

2017/12/25

骨盤と腰痛の関係

 例えば、骨盤の右側が前に出る歪み方をしてしまうと、上半身はバランスを取ろうとして反対側に捻れてしまうため、右の腰の筋肉は常に縮まった状態になってしまいます。反対の左側の腰は常に引っ張られた状態になります。

 

骨盤の歪みが発生すると股関節も捻れてしまうため、お尻の筋肉が硬くなりやすくなります。かがんだり、前屈みの姿勢では、腰の筋肉というのは大きく動くことはなく体を支える働きのみをして、大きな動きは股関節に任せているのですが、お尻などの股関節周辺の筋肉が固くなってしまうと、腰の筋肉も大きく動かなくてはいけなくなるため、腰痛の原因になります。

 

骨盤の歪みからの腰の筋肉の負担+股関節が動かないことによる、本来とは異なった働きをしなくてはいけない負担というダブルの負担によって腰痛は引き起こされています。そのため、腰が痛いからと言って腰の周りだけ触られていても、一時的に楽になることはあったとしても痛みは再発してしまうのです。

 

これらの状態で長く負担のかかり続ける生活を続けていると、何度も繰り返すぎっくり腰や脚のしびれの原因になることもあります。整形外科でレントゲンやMRIを撮ったけど関節や骨には何の異常もなかったのに、いつまでたっても症状がある。一時的に体が楽になったけど、すぐに辛さがもどってしまう。そんな方は骨盤の歪みから症状が出ている場合がほとんどです。

 

いつまでたっても良くならない、そんな腰の辛さで悩んでいる方は、一度骨盤調整を受けていただくことをオススメしています。長引けば長引いただけ回復は遅くなってしまいます。早めの対応で、早く快適な生活をできるようにしませんか?

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。今日も素敵な一日をお過ごし下さい!  

2017/12/08

年内の診療は29日(金)までとなります。

12月に入り、寒さも厳しくなってきましたね。

当院でも、朝晩はストーブがきれません・・・。(寒がり)

さて、年内の診療は29日(金)までとなります。

体調に不安のある方は、良いお正月を迎えられるよう、出来るだけ早めの対処をお願い致します。

 

年明けは、1月5日(金)から通常診療致します。

2017/09/19

台風一過・・・

来るぞ来るぞ・・・と言われていた大型台風。

ここ、三股には特に影響もなく、かといって出かける事も出来ず・・台風一過。

連休は終わりました。

連休明け、本日より通常診療です。暑さも和らいで過ごしやすくなってきました。

 

2017/08/18

お盆休みも終わって・・・

お盆休みの帰省などでの疲れがたまっていませんか?

夏の疲れは、早めにご相談下さいね(^^)

1 2 3 4 5 6 7